だからって終わってるわけじゃない

・・からツライのかもしんないけど

File No.19 リア王

 

ドライバーあるあるだと思うが

 

たまにワンコがのっていることを

知らせるステッカーや磁石のやつを

貼っている車をみかける

 

大抵は道路標識の「動物注意」を

模したデザインで

 

山吹色の背景にワンコをかたどった

黒いシルエットが描いてあるだけなのだが

 

「これはラブラドールかな?それともゴールデン?」

 

とか

 

「あらまコーギー?!顔出してくれないかなぁ」

 

とか犬種を考えて、窓から顔を出す

ワンコと答え合わせするのが楽しい

 

最近はステッカーのバリエーションも

増え、ワンコの顔をリボンで囲んだ

ものや、おしゃれな英字で犬種や

名前を添えたものまででているようだ。

 

しかし、この前みたのはそれらとは

一線を画すものだった。

 

滅多に更新しないこのブログに

来てくれている数名の方々に

どうしてもお話したくなるほど

 

 

巧妙かつ悪質

 

 

注意喚起のために詳細を伝える。

 

いつものようにポケモンのジムへ

向かっていたときのことだった。

 

信号で車を停車させると

前の車に例のステッカーを見つけた。

 

うきうきしながらシルエットを

たどると、小さな耳に長い尻尾

 

 

 

どう見ても猫

 

 

 

(猫をのせてるの?!ドライブ好き

なニャンちゃん?ぜひとも顔をおがみたいぜ!)

 

目を凝らす私だったが、すぐにステッカー

の下の文字に気がづく

 

 

 

 

「家に猫がいます」

 

 

 

 

・・で?!

あんたの家に猫がいようがハトが

いようが知っちゃこっちゃないよ!

 

兄に「おれ、今日から座りションにするわ」

と宣言された時くらいのどうでもよさで混乱する。

 

このドライバーの目的はなんだ

 

わざわざ車に、後続車の目に確実に

留まる場所にこのメッセージ

 

これを見つけた動物好きは

車に乗る珍しい猫の姿を

とらえようと身を乗り出すだろう。

 

しかし

 

いくら探せど猫を見ることはできない

だって家にいるから

 

 

 

 

 

 

 

なんたるいけず

 

 

 

 

 

後続車はただただ猫との”アハハッウフフッ”

な生活を想像して悶々とするしかない

 

ステッカーの車が去っていくのを見送りながら

私は血がにじむほど唇を噛んでいた

 

動物好きのドライバーさん達が同じ

被害に遭わぬよう祈りをこめて一言

 

 

 

 

新手のリア充アピールにはご注意を