だからって終わってるわけじゃない

・・からツライのかもしんないけど

アニサキスハル7 ―代替品―

 

兄の溺愛教育の賜物か

ハルは甘えん坊の名をほしいままにした。

 

しばらく姿が見えないなと思うと

ネットサーフィンする兄の膝で寝ている

 

兄が出かけている時は

母や私を代替品として活用した。

f:id:kano8:20180827151039j:plain

 

人で充電するアイボのようだ

 

 

 

代替品といえば

 

「どうれ、ビールでも飲むかな」

 

と冷蔵庫を開ける兄、手には缶が握られている。

 

兄は酒に弱く、缶酎ハイ半分で体調を崩す下戸中の下戸

飲み物はもっぱらジュースだったのだが

 

お気に入りをみつけたらしい。

缶を開け、毎夜晩酌の真似事をする。

 

「ビールじゃねぇし」

 

母からのツッコミも夕食後の挨拶みたいになっていた。

 

「コーラ飲むよりいいだろ、トクホだし。カフェイン入ってねーから夜眠れなくなって困ることもない」

 

「私、毎朝カフェラテ飲んでるけど全然眠れるよ」

 

「お母さんもコーヒー飲んでる」

 

「俺は無理、飲んだらその日は徹夜になる」

 

ベッドに入って数分でイビキをかき始める人が何を言ってるんだと思ったが、最近のコンビニコーヒーは発展目覚ましい

 

「カフェイン抜きのもあるよ、普通にうまかったな」

 

情報を提供すると

 

 

鼻で笑う兄

 

f:id:kano8:20180827151157j:plain

(・・お前にだけは言われたくない。)