だからって終わってるわけじゃない

アラフォー、バツイチ、ヒキニート、だからって終わってるわけじゃない・・からツライのかもしんないけど

沖縄編16 ー手握りは38度までー

 

博物館を出てタクシーを拾う。

劇場の入ったビルを指定したのだが、全然知らない道にたどり着いた。

 

「これ以上は車じゃいけないので」

 

とビルの裏手で降ろされる。

ヒールのない靴を持ってこればよかった、靴擦れが痛い。

 

運転手さんに教えてもらった通り進んでいくと、ちょうどドラッグストアがみえたので、そこで絆創膏を買うことにした。数枚で事足りるのだが、箱でしか売っていない。仕方なく一番小さい箱を手にレジに向かった。

 

お笑いライブを見る前に、お腹を満たしておく必要がある。

 

目についたハンバーガー屋に入った。近所で慣れ親しんだ大型チェーン店にはないメニュー、レジ前には特にお勧めらしいハンバーガーの写真があった。イカフライみたいのがのっていたので、店員さんに確認すると

 

「フライドオニオンです」との答え。

 

迷わず注文した。

 

2階に上がり1人用の席で食べる。

ゴマが香ばしいパンズ・とろけるモッツアレラチーズ・カリカリのオニオンリング・トマトにパティ

f:id:kano8:20170810220245j:plain

5段階評価したらきれいな5角形ができそうな至高の逸品だった。

大口開けすぎて口角が裂けても後悔のないうまさである。

 

元夫へのお土産に買っていこうかという考えがよぎるが、日持ちしないだろうし持って行けたとして、出来立てのおいしさは伝わらないだろうから諦める。 

 

この完璧なバランスを有するハンバーガーを食べながら思う。

私たちのバランスはどうだったのだろう?

 

とても気があい、信頼できる友人から夫婦になった元夫と私。

一見理想的な結婚に思えたが、今は数百キロ離れた場所で別のことを考えている。 

f:id:kano8:20170814101910j:plain

f:id:kano8:20170814102006j:plain

試しに私と夫の5角形を結婚前と後で比較してみる。

項目はやさしさ・行動力・スタイル・清潔感・堅実さの5つ。

 

結婚前は両者、自分をよく見せたいという気持ちが働くので多少気張っていた部分もあったと思う。それが顕著に現れているのが結婚後、お互い身なりに気を使わなくなったしやさしさも減った。

 

不思議なもので、結婚後の二人の点の高い方を繋げていけば、バランスの良い5角形ができる。(なるほど。こうして夫婦は補い合ってゆくのだな)と納得しかけるが、ことはそう単純ではない。

 

普段なら穏和な夫でも、行動力のある妻が頑張ればいいだけなのでうまくいく。しかし、40度の熱を出し内側からドラの音が響くような頭痛にうめいているときに、夫がそっと手を握ってきたとしたら。

 

 

 

 

 

帳り倒したくなりはしないだろうか。

 

 

 

 

 

"手握り"は38度まで40度以上は、しかるべき処置か病院の手配だと思う。 

 

だけど夫にしてみれば「行動力は私に任せて」と勝手に引き受けていたくせに、熱が40度あるからといって「何もしてくれない」と責められるのはお門違いというもの、やりなれていないことを急に求められてもできるはずがないのだ。

  

"いざとなったらやってくれるだろう"と"子供ができたら彼も変わる"は

 

都市伝説と思っていた方がいい。

 

私も夫に腹をたてるぐらいなら、予め夜間診療に応じてくれる病院を調べておくべきだった、と時を経た今は思う。

 

もちろん「料理は私、子供をお風呂に入れるのはあなた」など、夫婦で担当を決めれば無用ないさかいを避けられるし、家事の効率化をはかれる。しかし、担当外のことだからと相手に任せきりにしてしまうのは間違いだ。イレギュラーな状況に陥った場合に困るのは、自分なのである。

 

お互い自立した大人という自覚を持って、自分のことは自分でやるぐらいの考えでいるぐらいがちょうどよいのではないか。

 

とはいえ離婚して既定路線から外れた私だ、夫婦関係において何がベストかなんて断言できるはずもなく・・

 

ただ現時点でいえるのは

 

靴擦れができた道の先にドラッグストアがあったり、何気なくよったハンバーガー屋で最高の御馳走にありつけたりもするから

 

(既定路線から外れても、それはそれで意外にやっていけるものよね。)

 

 てことぐらい

f:id:kano8:20170810220333j:plain

小さすぎた絆創膏をはって劇場へ向かう。