だからって終わってるわけじゃない

アラフォー、バツイチ、ヒキニート、だからって終わってるわけじゃない・・からツライのかもしんないけど

裏目

 

「顔、黄色くね?」

 

やぶからぼうに兄が言った

 

年も年だし肌がくすみがちの日だってある

私は気にしなかった

 

「なにアンタ黄色い顔して!」

 

母が叫んだ

 

はいはい

 

二人が揃って私に文句をつけるのも

珍しいことではない

 

そのうち収まるだろう

とのん気にかまえていた

 

 

次の日もその次の日も二人の反応は

変わらない、どころか声色に恐怖を帯び始めている

 

そう言われれば

両掌と足の裏も黄ばんでいる

ような気がしないでもない

 

「肝臓だったら大変だよ!病院いってきな!!」

 

病院は嫌いだが入院はもっと嫌いだ

さっそく出かける

 

医師に症状を伝えると

血液を採って検査することに

 

「ダメかぁ、反対の手いいですか?」

 

左腕から注射針を抜きながらナース

がため息をつく

 

脂肪の層が厚いのか血管が細いのか

採血失敗されることもなれっこだ

 

「この辺です」

 

と指で針の目あすを提示する私、大人よ

 

「いだっ」

 

肉の中で針を動かされ涙目になる

 

スチュワーデス物語風間杜夫の罪悪感を

呼び起こすため両手をみせつける片平なぎさ

のように両肘を閉じた状態で座っていると

f:id:kano8:20180805145804j:plain

診察室に呼ばれた

 

医師は首をかしげている

 

母が指摘したとおり、顔が黄色くなる原因

に肝機能の異常が考えられるのだが

 

検査の結果、異常はみつからなかった

というのだ

 

掌や足の裏が黄ばんでいる割りに

目の下の肉をひっくり返したところが

黄ばんでいないというのも妙、らしい

 

「他に考えられられるのは着色によって

の変色なんですが、なにか黄色い物を

頻繁に食べているとかは、ないですか?」

 

私は笑った

 

そんな卵の色よくするために黄色いエサ

与えられたニワトリじゃあるまいし

 

 

 

 

 

・・あ

 

 

 

「そういえば・・食事が偏りがちなので

野菜ジュースを飲んでます・・その色が

黄色というかオレンジに近かったような・・」

 

「毎日飲んでるんですか?」

 

「それさえ飲んでれば安泰かと思って

下手したら2本いっちゃうときもありました」

 

「・・・・」

 

黙りこむ医師、つとこちらに向き直り

言った

 

f:id:kano8:20180720224938j:plain

「それ、いったんやめてみましょう」

 

「ハイ」

 

数週間後に治った

 

良かれと思ってやったことが裏目に出る

なんていつものこと

 

と笑う私はいま

 

 

 

味覚がない

  

ただ泣きたくなるの

ただ泣きたくなるの