読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからって終わってるわけじゃない

アラフォー、バツイチ、ヒキニート、だからって終わってるわけじゃない・・からツライのかもしんないけど

歌う膝小僧

過去

 

 

膝小僧が怖い

 

 

やつらは膝に巣くう。笑っていたり怒っていたり表情は様々だが大体が2体セットで行動する。何をするでもなく同じ顔でただ、対峙する相手を見据えるのが特徴。

テレビで膝に顔が浮かぶという事実を知ってから、意識するようになった。”ヒザコゾウ”とは言ってもまさか本当に”小僧”の顔が浮かんでいるとは、夢にも思っていなかった私は衝撃をうける。まるで生ける心霊写真ではないか。

 

そして膝小僧を警戒するうち、あることに気が付いた。膝小僧は万人に憑りついているわけではない。足がしっかりしている人、膝周りの脂肪が多い人を好む。膝を曲げている状態の時は姿を隠し、膝を伸ばした時・立っている時にすっと顔を出す。シンクロ選手がズラリと並ぶ新聞記事など、卒倒ものだ。膝小僧の集合写真である。

 

膝小僧は子供にも容赦はしない。小さい頃からかわいいと評判の友達Aちゃん。明るく・社交的、少しぽっちゃりしているものの幼さにも密かに漂う色気のようなものを持っていて、上級生・下級生問わず男友達が多かった。その子と遊んでいる時、私は気づいてしまった。

 

 

(この子、憑りつかれてる。)

 

 

かわいいAちゃんの足の真ん中に2つ、中国のお面みたいな顔がひっついている。なんならちょっと薄笑いを浮かべている。やだ怖い。このままでは二人の友情にも支障をきたす。そう感じた私は正直に告白した。

 

「実は私、膝小僧が怖いんだ。立ってる人が少し膝を曲げて伸ばした瞬間のスワッて出てくる感じめっちゃ怖い」

 

「へぇ・・じゃあこれは?」

 

Aちゃんは歌いながら膝をピクピクさせてみせた。膝小僧が・・歌っている・・黙って睨みつけられるだけでも充分怖いのに、額を痙攣させながら歌い出したのだ。あまりの恐ろしい光景に総毛立つ。私は、悲鳴を上げながら逃げ出した。それ以来、Aちゃんはことあるごとに膝小僧を歌わせた。

 

その事件があったせいか、膝小僧をますます意識するようになった。中学で体操係などでみんなの前に立つ際も、居並ぶ膝小僧たちと目が合わないようそればかりに気をとられていた。高校に入学し、運動着がハーフパンツだと知った時、どんなにほっとしたことか。

 

そして現在、膝小僧の恐怖から解放されて数十年。もうすっかり彼らの存在など忘れていた私は、風呂場でふと鏡をみて驚愕する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹内力みたいなのがいる

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の膝に・・成長して立派に肉をつけた両膝に竹内力もとい、膝小僧たちが2体、顔を並べていた。何てことだ。自分だけは大丈夫と思っていたのに・・。その油断が彼らに住処を提供する結果を生んだのだ。・・それにしても彫りが深い、いままでまっさらだったと思っていた己の膝に膝界のボスみたいなのが出現して、威厳すら漂わせている。いきなり大御所を迎えた気分だ。試しに膝の筋肉に力を入れてみる。ピクリと竹内力の片眉が上がった。

 

 

 

 

 

 

 

イヤー!!余裕で歌えるー!!!!

 

 

 

 

 

 

私はゆっくり後ずさりして風呂場をあとにした。それから毎日スクワット・屈伸・ストレッチをしている。膝に巣くった竹内力たちを追い出す日は、近い。


竹内力の双子の弟!? RIKI / LOVEマシーン~RIKIバージョン~

 
人気ブログランキングへ