読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからって終わってるわけじゃない

アラフォー、バツイチ、ヒキニート、だからって終わってるわけじゃない・・からツライのかもしんないけど

File No.7 棒お姉さん

某ホームセンターで働いていた頃、毎日のようにちょっと変わったお客さんが現れた。商品のことを聞かれ応えるとほぼ例外なく怒鳴り出すブチ切れ爺さん(常連)や

 

 

 

 

「ひょっとこやるんだヒゲかくやつない?」

 

 

 

とひょっとこへの変身願望の強いおじさん。ギザギザがついたマットをありったけ買い占める猫嫌い親娘など、にこやかに接客していても心の中でツッコミたくなるような人達が次々とやってくる。

 

その日も品出しに精を出す私に声を掛ける人物がいた。

 

「あの~」

 

振り返ると40才前後の色っぽい女性が立っている。女性はそばにある造花の茎をいじりながら

 

「こういうので~もうちょっと太くてしなる棒が欲しいんだけど」

 

と言った。私は考えた(細くてしなる棒)

 

 

 

「ひごでしょうか?」

 

 

 

「紐じゃなくて棒なの~」

 

「いえ、ひごです。竹製の」

 

「紐じゃなくて~このくらいかもうちょっと太くて長い棒~」

 

閃くものがあった私は、急いで園芸コーナーに行き支柱を持ってきた。

 

「う~ん、そいうんじゃなくて~もっとこう細くてしなるやつ~」

 

それから私は店中を駆け回り、ありとあらゆる棒をその女性にみせた

 

「いかがでしょう?」

 

「う~ん」

 

女性を納得させることはできなかった。

 

彼女が所望した”細いけど造花の茎よりは太くて長くてしなるやつ”がどんな棒なのか未だに気になって仕方がない・・が釣りではないのでブコメに変態的コメントを寄せようと鼻息荒くしている人には思いとどまって欲しい・・のだけれどなんの棒かわかる人いたら教えて下さい。

 ↓更新の励みになります↓