だからって終わってるわけじゃない

アラフォー、バツイチ、ヒキニート、だからって終わってるわけじゃない・・からツライのかもしんないけど

挟まれがちな人々

小さい頃、幼馴染が自動ドアに挟まれた。スーパーに入ろうとして顔だけきれいに挟まれたらしい。

 

 

 

 

 

「ィヤー!!」

 

 

 

 

 

彼女の泣き声が店内に響く、しかし両親はまだ車から降りたところ幼馴染の悲劇に気づいていない。店員さんがこじ開けてくれるまで顔を挟まれたまま泣き続けたという。

 

 

友達と4人で高校の卒業旅行に東京へ行った際、電車に慣れない私達は次々と乗り降りする都会人たちにびくついていた。しばらく進んでようやく落ち着いてきた頃、ある駅でみんなが一斉に降り始める。

 

濁流のごとくドアに集まる人々。

 

 

 

(すげーな)

 

 

 と反対側で眺めていたら、目の前の友達がコチラを向いたまま後ずさりしていく。背中にしょってたリュックが右から来た人と左から来た人の肩にはまり、いい感じに巻き込まれてしまったのだ。このままでは下りたくもない駅に放り出されてしまう。

 

 

 

「助けてー」

 

 

 

と手を伸ばす友達、必死に引っ張る私。寸でのところで難を逃れた。

 

 

 

彼と旅行に行った時、観光地でお昼を食べようということになってビルに入った。目的の店は3階にあったためエレベーターに乗ると、カップルが1組先に乗っていた。

 

どうやら同じ階に行くらしい。

 

3階に着くとお互い先を譲り合うような目くばせがあったが、私がドアに一番近かったので先に出ることに・・

 

 

 

 

「ありがとうござっ

 

 

 

お礼を言いながら挟まれた。

どうやらカップルの男性の方が、「開」のボタンを押そうとして「閉」を押してしまったらしい。すぐにドアが開かれ、そのままエレベーターを降りる。4人で高らかに笑いながら蕎麦屋に入った。

 ↓更新の励みになります↓