読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからって終わってるわけじゃない

アラフォー、バツイチ、ヒキニート、だからって終わってるわけじゃない・・からツライのかもしんないけど

全身脱毛のすべて 2

 

 

全身脱毛、これ即ち複数の女性に身を委ねることなり。(カーノ)

 

 

 

「失礼します」また1人入ってきた。「足、開きますね」あられもない恰好を見られたと動揺するのは最初だけほぼ全裸の状態で台の上に横たわる私は、まさにまな板の鯉である。

 

 

(もうこの人たちに隠すものなぞないわ。)

 

 

そう思った矢先、先日聞いた隣室の会話を思い出し訂正する。

 

 

(もうこの人たちに隠すものなぞIゾーンとOゾーンぐらいしかないわ。)

 

 

己の人生を悩ませてきた”ケ”問題と決着をつけると決めたものの、見知らぬ人に肛門をさらす覚悟はできていない。股間周辺はVゾーンの処理にとどめておいた。

 

右足を拭かれている間、左足にはジェルを塗布その上からレーザーを照射される。この狭い小部屋に私を取り囲み3人の女性が入れ替わり立ち代わり働いていた。

 

 

手順はこうだ。

 

 

まずサロンに行くと少々の待ち時間があったのちに、白い小部屋に通される。服を全部脱ぎロッカーにしまい、代わりにバスローブを羽織り紙パンツを穿く。

 

初めての人はまずこのパンツに困惑するだろう。

 

ナイロンに包まれ円柱状になっているそれを広げて掌に乗せる。幼稚園生の時にお遊戯会などで作ったピンクの花、あれをくしゃくしゃにしてゴムを通しただけのような物体だ。

 

 

 

その辺に落ちていたら間違いなくシュシュと見間違うであろう代物に足を通す。

 

 

 

正しいはきこなし方がわからない。腰まであげようとすればハイレグTバック、自然に任せていると浅穿きのふんわり仕様になる。私はなんとなく間をとって穿いていた。

 

サロンのお姉さんに正しい穿き方ではないと指摘されることもなく、他人の穿きざまを参考にすることもできないので

 

2年間通ったが、結局本来の穿き方がどうなのかはわからないままだった。

 ↓更新の励みになります↓