だからって終わってるわけじゃない

アラフォー、バツイチ、ヒキニート、だからって終わってるわけじゃない・・からツライのかもしんないけど

全身脱毛のすべて 1

 

隣の部屋から光がもれてくる。

 

ハチの巣のようにつらなる小さな部屋の1つに私はいた。ヒゲ眼鏡事件にこりた私は、長年悩まされてきた"ケ"との闘いに終止符をうつべく駅前の脱毛サロンにきていた。

 

天井と壁の間には10センチほどの空間があり、時折、フラッシュのような光が見える。私は全身の処理が終わり、肌を沈静させるローションを塗ってもらった後である。

 

しばらく時間を置かなくてはならないので、仰向けのまま隣室の話を聞くともなしに聞いていた。

 

「アイラインはいかがしますか?」

 

「お願いします」

 

「はーい」

 

また天井から光が漏れる。

 

アイラインといっても化粧のことじゃない。体毛を処理する場所は、脇やビキニラインだけではなく、全身どこでもできるようになっており、脱毛プランも指から手首・手首から肘の手前・肘というようにそれはもう細かに設定されている。

 

施術箇所によって金額も所要時間もまちまちなのだがメニューを見た私を一番驚かせたのは股間の区分図。ビキニラインのVラインはわかるのだが、IラインOラインなるものが存在する。

 

図をみると、Iラインはその名の通り股間も股間、真ん中1本線に沿った区域だ。そしてOラインとは肛門周辺・・

 

 

 

 

(IラインにOライン、言いえて妙だね。)

 

 

 

 

納得していると隣の女性がIラインを処理してもらいながら話に花を咲かせている。

 

「E’sってバー知ってますか?」

 

「ああ、この通りを少し行ったところにある」

 

「そう、そこで今度お見合いパーティーがあって」

 

「パーティーですか」

 

「私ももう23だし、いい加減結婚考えないとヤバいかなって」

 

笑い声が響く隣室で、一人涙を飲む30代目前の”ヤバい”女。

 

私は起き上がり友達にメールした。”お見合いパーティーに行くよ”すぐに返事がくる”了解”携帯を置きまた元の場所に戻っていると

 

「じゃ次はOラインいきますね~」

 

「お願いしまーす」

 

隣の部屋から元気な声が聞こえてきて、私は思う。

 

 

 

 

 

 

(あんたら一体どんな体勢でしゃべってんだよ?!)

 ↓更新の励みになります↓