だからって終わってるわけじゃない

アラフォー、バツイチ、ヒキニート、だからって終わってるわけじゃない・・からツライのかもしんないけど

バラが咲いた

恋愛に積極的でない男性のことを総じて”草食系男子”と呼ぶことが定着した昨今。私は思う、園芸男子というジャンルがあるとすれば





それは兄だ。




兄の趣味は庭いじり、暇さえあれば狭い庭を芝刈り機を押して行ったり来たりしている。血統書付きの割りに動きが雑な種類の犬に、花壇を荒らされたり、草むしりしている真横で「そうら肥料だよ」とばかりに長いウ○コをされたりしても、めげることなく草木の手入れに勤しんでいる。

そんなある日、本に触発され切り花を部屋に飾るようになった私は庭のバラに目をつけた。兄が手塩にかけて育てたバラが満開になっていたのだ。

f:id:kano8:20160607155048j:plain

「くれ」と言うとあからさまに嫌そうな顔をする兄。

「なんで自然のままにして置けないんだよ」と”鳩に餌をやる老女に文句を言うおやじ”みたいなことをいうので











「女子力が上がるんだよ!」








と説得力満点で返してやった。

それでもまだ「切るなら咲ききった花だけを、他の花に影響しないよう注意して・・」とかごちゃごちゃぬかすので、私は「花瓶が小さいから茎は短くていいし、もう面倒だからいらない」と二階に上がった。





暫くすると




コンコンコン




誰かが扉をノックする。開けるとバラを持った兄がいた。私に勝手に切られるのを恐れたのか、自ら鋏をいれたらしい。カスミソウまでつけてわざわざ部屋に届けてくれたのだ。

(お兄ちゃん・・)私は言った。














「なんぼなんでも短かすぎだろ!!」

f:id:kano8:20160607155146j:plain

切ったあとの花よりも、切られた本体に気を遣う。それが園芸男子。


生けるのに苦労した

f:id:kano8:20160607155210j:plain


 
人気ブログランキングへ