だからって終わってるわけじゃない

・・からツライのかもしんないけど

アニサキスハル6 ―濡れネズミ―

 

兄の提案で犬達を川に連れて行く。

 

山の中の清流なのに足場はコンクリートで整えられていて、犬を遊ばせるにはうってつけの場所だ。

 

蝉がうるさいくらいに鳴いている。

 

おしとやかな見た目とは裏腹に、実は泳ぎが得意なヒメちゃん。つくなり川に飛び込んでプカプカ浮いていた。

 

怖がるかと思ったハルも自分から水に足をつけ、そのままほふく前進。風呂に浸かったおっさんのような顔をしている。

 

しばらく浅瀬で遊ばせていると、岸で休んでいたヒメちゃんと兄が対岸を探索するため歩き始めた。

 

ハルも後を追おうとして

 

 

どぼんっ

 

 

いきなり深みに落ちる。慌てて手を伸ばすが、ハルは対岸を目指し前足を掻いている。

 

(なんだ泳げる・・の?)

 

様子をみていると

 

f:id:kano8:20180823113911j:plain顔だけだした姿勢で、くるくると回転しながら流されていった

 

 

 

 

 

「おおおお溺れてるだろ!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

帰りの車中

 

遊び疲れた犬達は、後部座席で寝息をたてている。

 

「パンツまでびしょ濡れなんだけど」

 

「・・すいません」

 

結局全員濡れネズミ

兄妹してハルを救出に走り、水に浸かったのだ。

 

本人に自覚があるかは別にして、溺れかけたのは事実

そばにいながらこの失態、保護者の一人としていかがなものかと

家に着くまで兄にチクチク責められた。