だからって終わってるわけじゃない

・・からツライのかもしんないけど

アニサキスハル19 ―妙案―

 

ハルが亡くなってさらに数ヶ月が過ぎ

みんな自室で眠るようになっていた。

 

夜、兄はタブレットで犬の動画をみている。

 

直後はみるのも辛かったはずで、入院中に撮ったハルの写真も全部消したと言っていたのに

  

それからアイパッドが頻繁にプンと言うようになった。

兄がメールで誰かとやり取りしているのだ。

 

友達とは定期的に長電話しているから

新たな友達ができたか、何かの業務連絡的なものをしているのだろう。

 

母が風呂に入っている間、リンと遊んでいると

 

 

「明日、ドライブ行かね?」

 

 兄が言った。

  

「どこに?」

 

「・・〇〇県、帰りは夜になると思う」

 

 

 

 

 

「犬でもかった?」

 

 

 

「なんでわかった?!」

 

バレバレである。

兄の見ていた動画はボストンテリアの子犬達

頻繁なメールは恐らくブリーダーさんと連絡をとるためだろう。

 

「すげーな」

 

私の推理を聞いて関心しきりの兄だが

肝心なところが抜けている

 

「お母さんに何ていうの?」

 

母はもう二度と動物は飼わないと言っていた。

動物が死ぬたびに言っているのだが、新たな家族を迎え入れるのに蚊帳の外ではさすがにまずいだろう。

 

 

 

f:id:kano8:20181112213213j:plain

(さてはバカだな)

 

帰宅ラッシュの時間と重なり、目的地に着くまで2時間かかった。

運転席の兄はハルがいなくなり、元々薄かった感情がさらに薄れていったこと

 

何を食べてもおいしくない、映画を見てもつまらない。お笑い見ても笑えない。仕事がどうでもよくなって、初めてヤバいと思ったことなどを

 

淡々と話した

 

 

「こんなん捨ててあるわけないでしょ!!」

 

案の定、家に帰ると母は激怒

しばらくヘソを曲げていた

 

子犬は見た目こそハルにそっくりだが性格は違う。

 

時おり手がつけられない程ヤンチャで

リンに怒られてもどこ吹く風で突進していく。

 

家の中は一気に騒がしくなり

兄の鼻や唇には常に赤い噛み跡がついていた。

 

「ごはんだぞ~」

 

「ハルはドッグフードよくこぼしてたよね」

 

「あっウンコした!ケツふくからティッシュとって」

 

兄はあまりハルの話をしなくなった。

 

 

ちなみに

 

「・・リン、どしたそのダサい服」

f:id:kano8:20181119104536j:plain

「アンタが買って来たんだろ!!」

 

ホントに記憶になかったらしい