だからって終わってるわけじゃない

・・からツライのかもしんないけど

アニサキスハル13 ー秘密の遊びー

 

ハルは遊び好きだ

 

問題は兄がいつも相手をできるわけじゃなく、妹犬のリンをかまおうにも、リンは力も気も強く怒られてしまう。

 

消去法的に家にいる人間、とりわけ暇そうなヤツの部屋に行く。

 

 

f:id:kano8:20181022221426j:plain

私はそんな彼女をプリンセス・ハルコーと呼んだ

(閉じたはずの扉を開けて入っているから)

 

そのうち二人の遊びが生まれる。

 

 

1.外国の挨拶

まずフランスの名曲ジェーンバーキン「無造作紳士」をかける。曲が終わるまでに頬っぺにキスし続けたら私の勝ち

口にキスしたり、鼻にかみついたらハルの勝ちである。

 

顔を近づけると、ハルは反射的に口と口をくっつけようとする。私はさっとよけて頬にキスする。右・左と繰り返し徐々に口に近づけていくのだ。

 

キスをするたびハルのフラストレーションはたまり、唇がひくつきはじめる。獅子舞のように目をむき口を半開きにした犬に顔を近づけるのだ、なかなか度胸がいる。これは鼻をかまれるかもしれないというリスクに挑む勇気と、素早く身をかわし頬にキスするというテクニックが要されるエクストリームスポーツなのだ。

 f:id:kano8:20181022231800j:plain

ハルに勝てたことは一度もない。

 

 

2.ルンバに乗る猫ごっこ

 

youtubeなどでよく見るルンバに乗る猫、それを忠実に再現する。まずは100均で買った円形の座布団を用意。そこにハルが座り、私が引きずる。

 

「ププ、ピプー」

 

起動音を言って座布団をひき、「ウィーーン」と部屋中をめぐる。はたから見たら、バカと犬のおたわむれだが、かがんだ姿勢のまま体重10kgの犬が乗った座布団をひくのだ

 

これは

 

カンヌ映画祭で赤絨毯をしく係、の運動量と緊張感に相当し

f:id:kano8:20181024135217j:plain

トムハルが飽きるのが早いか私の体力が尽きるのが早いか、命がけの真剣勝負である。 

 

 

 

3.女王様と従者

 

階段の一番上で出会ったとき、背中を向けてしゃがむとハルがのってくる。

 

ズシリ。

 

階段を一段おりるごとに重みが増していく感覚、背中はきしみ首は悲鳴をあげる。しかし途中で降ろすことは許されない。大事な女王様に万が一のことがあったら従者としての名折れ、目的地まで安全快適にお送りするのが私の使命なのだ。

 

居間の扉を開け、床に膝をつく。

そうっとそうっと

 f:id:kano8:20181024142742j:plain

 

 

これらはハルと私、二人だけのノリ。みたいなものだと思っていた

 

のだが

 

「ただいま~」

f:id:kano8:20181024144106j:plain

こっそり兄がマネしてた。

 

(うらやましかったのか)

 

妹の問いかけるような視線に耐えられなくなった兄は、ハルを背負ったまま無言でさっていった。