だからって終わってるわけじゃない

・・からツライのかもしんないけど

アニサキスハル10 ー熟年夫婦ー

 

「ハル!ハルケン!ハルキチ!」

 

兄がハルに変なあだ名をつけはじめた

(・・カップルにありがちなことだな)

 

「ハリポタ!ハバネロ!ハイネセン!ハリスヒルトン!モンハン!」

 

両手を広げ呼びかける中年男と

少し離れた所で立ち尽くす犬

 

 f:id:kano8:20181006110816j:plain

なかなかシュールな光景だ

 

しかし、このツンデレがたまらない

のか兄はめげることなくハルをめでる

 

「おいカノ、頼んどいたワンコのオヤツ買ってきたか?」

 

「あっ、忘れた」

 

「ゴッ」

 

「ハルよ・・その顔やめて」

 

ハルは目が大きい

黙って座っていても驚いているように見えるのに

 

なんてことない出来事に「ゴッ」と鼻をならして

目を剥いてみせるので、すべてが劇的

 

f:id:kano8:20181022212715j:plain

火サスのテーマが流れそうだ

 

 

 

オヤツの件をごまかすため兄が

ハルを抱き上げソファーに座る

 

ハルはたちまちいびきをかき始めた

 

トトトトトトトトットット

 

ラクターが過ぎてくような轟音

テレビの声さえよく聞こえない

 

「こんなにうるさくて眠れんの?」

 

尋ねる私に兄は当然のように答えた  

 

「耳栓してるしな」

 

「・・ああ、そう」

 

「それより寝相だ、枕の真ん中とりたがるだろ?よけて寝るから首いたくなんだよな、暑がりだから布団かけてもずれてくるし、そのくせ夜中寒くなって抱っこしろって起こされる」

 

 

f:id:kano8:20181004134644j:plain

(一緒に寝なけりゃいいのでは・・)

 

「まったくお前というやつは!とんだわがままワンコだよ、チュッ」

 

 まぁ結婚生活に我慢はつきもの・・というし

外野は何も言うまい

 

 

やがて兄は特殊能力を身につけた

 

 

 

「くさっ」

 

 

冬、それはオナラの季節

ハルもリンもよくすかす

 

「くっついて寝てるからどっちがしたかわかんないよね」

  

 ため息をつく私に兄は言った

 

 

 

 

 

f:id:kano8:20181113133308j:plain

オナラで個体識別

熟年夫婦でもこの域には達すまい

  

 

 ↓視聴で火サスのテーマが聞ける

[効果音] 火曜サスペンス劇場アイキャッチ (ドラマ「火曜サスペンス劇場」より)

[効果音] 火曜サスペンス劇場アイキャッチ (ドラマ「火曜サスペンス劇場」より)