だからって終わってるわけじゃない

アラフォー、バツイチ、ヒキニート、だからって終わってるわけじゃない・・からツライのかもしんないけど

アニサキスハル8 ードロボーヒゲー

 

父が亡くなった

 

急なことだったため頭が回らず

何をどうしていいかわからない。

 

「大変だったな、お父さん戻るなら布団用意しないと」

 

事情をきいたおじさんが駆けつけてくれた。

私は押入れを開け、布団をひっぱり出す。

 

そこにワクワク顔のハルがやってきた

人がたくさんいるし、なんかおもしろいことが始まると思ったのだろう。

 

 

布団に寝そべりごろんごろん

 

 

「ちょっ、いまそういう感じじゃないから」

 

 

犬たちを2階につれていく。

 

その後、人が続々と現れて挨拶したり父の死に際の詳細を聞かれたりした。

喪主となる兄は葬儀の手配もしなくてはならない

 

おじさんが相談にのってくれたが・・

 

兄の口にはハルの耳

f:id:kano8:20180919150737j:plain

(・・相当まいってるな)

 

葬儀が終わった頃には 

ヒメちゃんはなんとなく状況を察したようであったが

 

ハルは相変わらず 

オモチャを運んでは投げろとせがむ

 

「畑もみてこねーとな」

 

オモチャを投げながら兄が言った。

 

山の中に父が借りた土地がある

 

もともと野っぱらだった場所で

借りた当初は家族総出で石を拾ったり

雑草の根っこを掘り返したりと

畑として機能させるまでが大変だった。

 

だけど

 

その間、犬達は広い土地で好き勝手遊んでいられたし

私たちも文句をいいながらも

自然の中で汗をかく楽しさを思い出すことができたのだ。

 

ようやく苦労が実になり始めた矢先・・である。

 

父は自分の作った作物を

ろくに味わうこともなくいってしまった。

 

 

 

 

「やっぱこうなるか」

 

畑はジャングルと化していた。

 

実った野菜と雑草が乱雑に生い茂り

わずかに見える地表も、先日降った雨でドロドロ

 

長靴姿で立ち尽くす私たちの後ろで

テンションの上がりきったハルが駆け回っていた。

 

とりあえず、食べられそうな物だけ回収して車に積み込む。

 

「あれ、あいつどこ行った?」

 

荒い息遣いに振り返ると泥まみれのハルがいた。

 

f:id:kano8:20180919162916j:plainどこに顔をつっこんだのか、泥が口の周りにくっついて

ドロボーヒゲのようになっている。

 

  

 

「「ぶっ」」

 

 

同時に吹き出す兄妹 

父の死後、初めて笑った。