おもしろい話 2

続き 喫茶店の駐車場、お見合い相手に置いて行かれ ぼけっとつったっている私 ・・・・帰っちゃおうかしら 邪心が芽生え始めた頃、低いエンジン音とともに 颯爽と車が滑り込んできた。 「お待たせしました、どうぞ」 お金持ちとは聞いていたけれど、予想を上回るお金持ち。私でも知っている外国の高級車が目の前にあった。…