だからって終わってるわけじゃない

・・からツライのかもしんないけど

絵付き

File No.9 パラパラ青年

ブログで知り合った男性に地元を案内している時、1つ事件があった。 展望台に上った帰り道、来た時とは別の道に迷い込んでしまったのだ。引き返すこともできず、狭い山道を進んでいくと、急に視界が開け広場に出る。「わー」と声を上げたのは眼下に広がる景…

File No.4 ロカビリーおじさん

高1の秋、生まれて初めてナンパというものを経験した。 駅ビルに一人で買い物に来ていた時だった。確かにフォルムはかわいい部類に入っていたかもしれない髪は当時流行していた外巻きカール、ミニスカートにニーハイソックスを穿いていたからだ。しかし買い…

File No.3 コンビニ店員

コンビニの店員がふざけている。 早朝にカフェラテを買いに行くと必ずいる10代後半~20代前半と思しき青年。いつも客がいようがいまいがお構いなしでもう一人の女性店員に話しかけている。私が近くで商品を選んでいようと声のトーンが下がることもない。この…

宿題こけし

夏休みの宿題がこけしだった。 小学4年くらいだったろうか・・小刀な彫刻刀の使用が許可された年頃だったと記憶している。今思えば小学生に伝統工芸品であるこけしを作れという、小学校はなんとも重責を課してくれたものだと思うが 当時の私は素直に張り切…

スネ夫と私 3

中学3年になって私はエリカやチヅルといるより、別のグループの友達といる方が安らぎを感じるようになった。お腹を抱えて笑うことは少ないけれど、冗談めかして言われた言葉にいちいち (あれ・・それって嫌味?気のせい?) と疑心暗鬼になる必要がなかっ…

ハローマイフレンド 1

高校の頃、私は1人旅に憧れており密かに実行に移そうと計画していた。 それを幼馴染に何気なく話したところ、彼女はその計画をすっかり気に入ってしまい 「一緒に行く」 と言い出す。幼馴染の両親は大らかな人で大抵のことは許してくれたが、女の子の二人旅…

京男おいでやす 3

続き その後、ホテルに送ろうとするが小沢さんは何だかんだ言って帰ろうとしない。どうしても私達と一緒に友達のアパートに泊まりたいようであった。 「おやすみなさ~い」 躊躇なくホテル前で降ろして帰る。 翌日友達と一緒に迎えに行った。 「ホテルどうで…

京男おいでやす 2

続き 田舎の人間には終電を気にするという概念がない。 電車やバスがそこら中走っている都会とは違って、田舎は車社会だ。飲みに行くなら誰かが飲むのを諦めて運転手役を引き受けるか、運転代行を頼むだけである。 というわけで電車がなくなる時間になってし…

京男おいでやす 1

ネットとリアルは別物にしたいと思っている私だが、1度だけその禁忌を犯したことがある。 ネット上の知り合いと直接会ったのだ。 相手は私のブログによくコメントをくれる方だった。日々の出来事を語るうちコメント欄には常連さんと呼べる方々が集まるよう…

どんだけ合コン 3

説教くさいメールを送ってしまった。もう返事は来ないかもしれない。しかしこれで小池さんも1つ学んだことだろう。 (あ~いいことをした) とベットに入り自己満足に浸る私。 数時間後、彼への思いで頭がパンクしそうになるとも知らずに・・ 携帯が鳴る。…

どんだけ合コン 2

カラオケ店に着くとまた小池さんを挟んで座らされた。 (貢物じゃねーぞ) いいかげん女性陣は、テレビでよく見る”若手芸人の飲み会”のような先輩への服従姿勢にうんざりしていた。 仕事の関係上やらざる得ないのかもしれないが、せめてこちらにはわからない…

どんだけ合コン 1

同級生が結婚することになって、招待された。 式の前に、新郎側の友人と新婦側の友人で顔合わせみたいな軽い飲み会をしたいので来て欲しいと言われる。久々に男性を交えた飲み会に参加することになり、緊張しながらもそれなりにおしゃれして出かけた。 指定…

〇〇に乗った王子様 2

続き ・・気持ち悪い。 (こんなに急いで食べたのは、転んで前歯を折った直後に給食に揚げ春巻きが出て、掃除の時間まで一人残された時以来だわ) お見合い相手はさっさと食べ終わり ストップウォッチで時間を計るがごとく、私が食べるのと時計とを交互にみて…

〇〇に乗った王子様 1

「それじゃこの辺で、あとはカノちゃんよろしくね」 そう言い残すと知り合いのおじさんは去って行った。 「行っちゃいましたね・・はははっ」 「ははは・・」 気まずい、エレベーターを降りる際他の人に先を譲ったにもかかわらず間違えて「閉」を押してしま…

おもしろい話 4

続き 彼がトイレにたったすきに友達にメールする。 「・・帰りたい(T_T)」 「ガンバレ!」と一言、返事がきた。 (泣きそうだわ) 30を過ぎ、親や親戚から彼氏は?結婚は?と言われ続け、押し切られる形でお見合いに手を出してしまった。お見合い相手の彼…

おもしろい話 3

続き (よくて車中泊だけれど。・・なんでどうして初対面の人と車の中で二人きり夜を明かさなければならないの?!) 景色同様、頭がホワイトアウトしそうな私。お見合い相手もこのままではまずいと判断したのか車を止め、どこかに電話をし始めた。 「いま、…

おもしろい話 2

続き 喫茶店の駐車場、お見合い相手に置いて行かれ ぼけっとつったっている私 ・・・・帰っちゃおうかしら 邪心が芽生え始めた頃、低いエンジン音とともに 颯爽と車が滑り込んできた。 「お待たせしました、どうぞ」 お金持ちとは聞いていたけれど、予想を上…

おもしろい話 1

30代になった頃初めてお見合いをした話。 お見合い。 それはドラマの中の出来事で、振り袖をきた美人とお金持ちだけどさえないマザコン男が、ホテルのラウンジや料亭の一室で向かい合い、鋭角に切った竹に水を注ぐ装置がカコンカコン鳴り響くなか 「ご趣味…

File No.2 河童

河(かわ)の童(わらし)と書いて「かっぱ」と読む。 私は河童を見た。 大きな川へ犬達を連れて散歩に行ったときのことだった。夏になると水浴びを兼ねて遠くの川に足を延ばす。水は小さな滝を作って涼し気に白波をたてていた。 犬達が、夏の日差しを吸収し…

File No.1 アクロバティック大家さん

以前住んでいたアパートは2階だった。築10年を過ぎていたが、手入れが行き届いていて入居する前、中を見せてもらった時も古い印象はまったく感じなかった。 しかし、住んでみるとちょいちょい不具合がでてくる。 引っ越しが完了して3日目。 トイレの換気…

兄妹の理想と現実

「兄」「妹」漫画やアニメの世界では、何か背徳的で甘美な響きを持って使用されがちだが、現実はそんなんじゃないよってことを今日は話す。 とかく”兄”という生き物は、先に生まれた・妹より力が強い、ということだけで勘違いしてしまう生き物らしい。我が家…

踊らされる系女子 後編

続き ぎこちない自己紹介を交わし、バーベキューはスタート。私は、いつものパターンを回避するため、アルコールは避けジュースで通すことにした。肉を焼いたり、花火をしたりして過ごすうち、男性とも少しづつであるが話せるようになってくる。しかし、ここ…

踊らされる系女子 前編

愛され女子とかいう言葉がまだなかった時代。私は、慢性的な恋人不在にあえいでいた。合コンに呼ばれることもあったが、いつも酔って吐くだけつまらない。外見にもコミュニケーション能力にも他に劣る”愛されなさ系女子”の私は、笑いのネタにされるか放置さ…

浴場エルボー

// 夜中、風呂に入っていた時。湯船に浸りまどろんでいると、目の前に黒い物体があることに気が付いた。3cm位のそれは滑る浴槽の淵をヨチヨチと歩いている。(・・虫か)その辺のか弱い女の子だったら悲鳴の1つも上げるところだろうが、野山を駆け回って…