読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからって終わってるわけじゃない

アラフォー、バツイチ、ヒキニート、だからって終わってるわけじゃない・・からツライのかもしんないけど

File No.9 パラパラ青年

かわいい人

ブログで知り合った男性に地元を案内している時、1つ事件があった。

 

展望台に上った帰り道、来た時とは別の道に迷い込んでしまった私達は狭い山道をゆっくり進んでいた。少し行くと視界が開け広場に出る。「わー」と声を上げたのは眼下に広がる景色の美しさに感動したからではない。

 

 

 

 

パラパラを踊っている青年達がいたからだ。

 

 

 

山の中の展望台、市内を一望できるこの場所でベンチをお立台代わりに踊る高校生くらいの青年2人。手前に小さなラジカセが置いてあり音楽が流れている。

 

本当は駐車場があったら止まって道を確認しようと言っていたのだが、そこに車を乗り入れたら確実に彼らの観客になる意思を示すことになり、最終的には車を降りておひねりなり何らかの感想なりを述べなければならない雰囲気だった。

 

何故ならパラパラ青年たちは私達を警戒するどころか歓迎するようにさっきよりはりきって踊ってみせていたからだ。

 

私達はゆっくりと広場を通りすぎる。

 

「パラパラの練習しよーぜ」

 

「よし、俺いい場所知ってる」

 

なんて会話をしながら自転車で山を上ってきたのだろうか。

 

 

「・・かっこいい」

 

盛り上がる女性陣。私達のかっこいいには文字通りの意味ではなく、山の中の美しい景色をバックにパラパラを踊ろうと思うその心意気に対してのもので「できることならこんな子を産みたい」という母性に近い感情からなのだが・・それまで女性陣の関心を独り占めしていたのに邪魔されたと感じたのだろうか、助手席に座る彼は浮かない顔のままであった。

 

私が案内した数々の場所の中で最もレアでおもしろい光景だったのに、京男は山を下ったところにあったでかい川を見て1人興奮。

 

(この人とは合わない)

 

パラパラ青年のおかげで目が覚めた。 

 ↓更新の励みになります↓

 

あのスターの扱いがヒドイ!映画ランキング

映画

 

映画には時折カメオ出演というものがあって、スターが本人役などでちょこっとでて観客を喜ばせたりする(日本で言う友情出演みたいなものだろうか)しかし、出た割にスターに旨味があまり感じられない扱いがヒドイ作品があるので、勝手にランキングにしてみた。※もちろんネタバレ注意だ

 

 

☆第5位☆

作品名:ドミノ

主演:キーナ・ナイトレイ

スター:ブライアン・オースティン・グリーンとイアン・ジーリング

 

この二人とくれば言わずと知れた海外ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」のスティーブとデビットだろう。ビバヒルで長年主要人物を演じ、日本での知名度も高いと思われる。ドラマが終了して久しいがその後どうしているのかと思ったらこんな映画に本人役で出ているではないか、それも二人そろって。

 

映画は実在する賞金稼ぎドミノの物語。キーナ・ナイトレイ扮するドミノが男性相手に臆することなく暴れまくる。ブライアンとイアンはたまたま居合わせただけなのだが、何故だか巻き込まれることに・・ビバヒルで優しく快活なイメージが定着していたイアンだったが、通りがかりの人に「あんたまだ生きてたの?」と言われムッとして暴言を吐くシーンはリアル過ぎて泣けてくる。

 

余談だがビバヒルのオープニングミュージック「ディディディディ♪ディディディディ♪」と問いかけて「カッカッ」と返事をくれる人はノリも性格も良い人だと思う。

ドミノ (字幕版)

ドミノ (字幕版)

 

 

 

☆第4位☆

作品名:ゾンビランド

主演:ジェシー・アイゼンバーグ

スター:ビル・マーレイ

 

ゾンビで溢れる町で安全な場所を求め仲間と旅するゾンビコメディ。

ゴーズトバスターズなど様々な人気作に主演しているビル・マーレイはゾンビを恐れて豪邸にひきこもる本人役で登場。突然自宅に現れたわけのわからない人達を好意的に受け入れるがいたずら心で主人公にゾンビのふりをして近づいたところ本物と間違われて撃たれてしまう。遺体はバルコニーから捨てられた。 

ゾンビランド (字幕版)
 

 

 

☆第3位☆

作品名:タキシード

主演:ジャッキー・チェン

スター:ジェームス・ブラウン

 

”それを着れば誰でも有能なスパイになれる”政府の最新技術を駆使したタキシードを着てしまった冴えない運転手(ジャッキー)が大活躍するスパイコメディ。ジャッキーがもぐりこんだ部屋が偶然ジェームス・ブラウンの楽屋という設定。感激するジャッキーだったが、スーツの誤作動で彼を殴り倒してしまう。ファンクの帝王と呼ばれ数々の名曲を生み出し、あらゆるシンガーに多大なる影響を与えてきた伝説の男を一撃で。あまりにヒドイ扱いにそっくりさんだと思っていた、本人らしい。

タキシード [DVD]

タキシード [DVD]

 

 

 

☆第2位☆

作品名:ディス・イズ・ジ・エンド俺たちハリウッドスターの最凶最期の日

主演:セス・ローゲン, ジェームズ・フランコ

スター:チャニング・テイタム

 

ハリウッドスター達が豪邸でバカ騒ぎしていたところ、突然世界の終わりが訪れる。生き残ろうと模索するが荒廃した世界は人が人を襲う地獄へと化していた。善良な人間だけが 天国に上れると気づいた主人公達はなんとか天国へ行こうと奮闘するのだが・・映画好きの俳優たちが友達集めて悪ふざけで作ったような映画。

 

エマ・ワトソンやリアーナなど若手セレブがたくさんでている(リアーナは穴に落ちて死亡)そしてG.Iジョーで主演を務め、「ピープル」誌に最もセクシーな男に選ばれたこともあるチャニング・テイタム。彼は悪に染まった男にペットとして飼われる役どころ。セリフもなく鎖につながれSMを思わせる衣装に身を包み、犬の座を甘んじて受け入れている。主役でなくとも「あのチャニング・テイタムだぞ」と言いたくなること必至だ。

 

 

☆第1位☆

作品名:バイオハザードⅣアフターライフ・Ⅴリトリビューション

主演:ミラ・ジョボビッチ

スター:中島美嘉

 

アンデッド(ゾンビ)に支配された町で諸悪の根源となるアンブレラ社との闘いを描いたアクションムービー。この映画に中島美嘉が出ると聞いて「おおっ」となった人も多いはず。蓋を開けたら日本での第一感染者・・つまりゾンビ1の端役である。ミリオン歌手が大人気漫画の実写化で主演をはったあの中島美嘉がゾンビ1。しかし私はさらに驚いた続編でまた中島美嘉が出ると知ったからだ。どういうことだろう。中島美嘉はゾンビになったのではないのか?それとも前回の演技が認められてセリフのある役を得られたのか?しかし映画を見ていても全然出てこない。ようやく出てきたと思ったらまたゾンビ?!主役に倒されてただけ良しとせよということなのか。しかしそれじゃあゾンビドックと一緒じゃないのか?

 

映画のPRに共演者としてミラ・ジョボビッチの横でインタビューに応えていた彼女の姿を思い出すと胸が痛い。

 

やはりハリウッドは甘くないのだ。いくら歌がうまくてもいくら日本で顔が売れていようと、ハリウッドからすればゾンビ1。そりゃいきなり渡辺謙のようにはいかないだろうそうだろう。しかし2度出演しているということは脈があるに違いない。3度目の正直という言葉もあるし次こそは・・そしてバイオハザード最新作、日本のタレントが重要な役を得たというニュースが入る。(中島美嘉ついに・・)

 

 

 

 

 

 

 

ローラだよ~♡

 

 

 

 

 

普通に主要キャストやってるらしい。バイオの制作陣とPRの中島美嘉に対する扱いのヒドさは尋常ではない。ぶっちぎりの1位だ。

STAR

STAR

 

  ↓更新の励みになります↓

 

あれの大群

映画

 

ターミネーター観ていたら設定が2018年だった。

 

母「えっいま何年?!」

 

と聞いてくるので教えたら「もうすぐじゃん」と慌てる。

 

私「まっ核戦争後の話だからね」

 

兄「人工知能はこえーよ」

 

私「ホーキング博士もそんなようなこと言ってたらしいよ」

 

兄「人工知能人工知能のロボット作るようなったら終わりなんだって」

 

私「なんかロボットの原則みたいのあったよね?」

 

兄「しばりがあっても解釈が変わってくんだろ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母「・・いつかペッ〇ー君に殺される日が来るかもしんないね」

 

 

 

 

 

ペッ〇ー君の大群が襲ってくるのを想像した。

多分、ヒモ一本で倒せる。

   ↓更新の励みになります↓

 

File No.8 鏡の中の裸族

かわいい人

 

プールはいい。

 

なにがいいっていつ行ってもお水がたくさんあってたぷたぷしているの。たまらない。「プールサイドは走らないでね」と立て札が立っているが、横になるのはいいのかしらん。決して邪魔にはならないから胎児のポーズで横たわりじっと水を眺めさせてはくれまいか。監視員にテレパシーで語り掛けながら水中を歩く。

 

 

プールは空いていた。

 

 

おじさん率も低い最高だ!!と思っていたが、1時間たつ頃には物足りなさを感じている。おじさんのでっぱったお腹、2m先からもずくを投げつけられたような胸毛。あえて見たいと思わないのに目に入ってしまうそれらの光景が、もう懐かしい。

 

秋の始まり「コオロギうるせー」と思っていたらいつの間にか鳴き声が聞こえなくなっていて「コオロギ達どこにいったの?」みたいな感覚。先日おじんスープを作っていたおじさん達も今頃、草の間でカラカラになった体を地面に横たえ土に還る日を待っているのかもしれない。

 

今日はブログのネタになるようなことは何も起こらなかった。

 

嬉しさと寂しさ半々の気持ちでシャワー室に行くと、先客が1人。カーテンレールに水着をひっかけがっつり浴びている様子だ。どうせカーテンで見えないし素っ裸になるのは勝手だけれど、このあとどうするのだろう

 

ロッカーは廊下を挟んだ隣の部屋、着替えを置いておく場所もない。濡れた水着をもう1度着るのは大変だろうに。私はさっとシャワーを浴びると更衣室で着替えをはじめた。その間もずっとシャワーの音は途切れることはない。着替え終えて髪を乾かそうと洗面台に向かうと目を上げて

 

 

 

 

 

 

どぎゃん

 

 

 

 

 

後ろに素っ裸の女性が立っていた。恐らくさっきシャワーを浴びていた人だろう、シャワー室からそのままきたのだろうか女性は大事な部分をタオルで隠すこともなく、ロッカーをごそごそやっている

 

いけない。見てはいけない。

 

自分に言い聞かせ視線を逸らす。他の人が入ってきたが女性は慌てる様子もなく髪を拭いていた。(タオルそこに使う?!)シャワー浴びすぎて羞恥心も流れてしまったのだろうかそれともこのプールでは当たり前の光景で新参者私がたまたま目撃してしまっただけなのか。

 

私は逃げるように更衣室を後にした。

真相を確かめるべく同じ時間にまた来ることをケツ意して。

  ↓更新の励みになります↓

 

File No.7 棒お姉さん

かわいい人

某ホームセンターで働いていた頃、毎日のようにちょっと変わったお客さんが現れた。商品のことを聞かれ応えるとほぼ例外なく怒鳴り出すブチ切れ爺さん(常連)や

 

 

 

 

「ひょっとこやるんだヒゲかくやつない?」

 

 

 

とひょっとこへの変身願望の強いおじさん。ギザギザがついたマットをありったけ買い占める猫嫌い親娘など、にこやかに接客していても心の中でツッコミたくなるような人達が次々とやってくる。

 

その日も品出しに精を出す私に声を掛ける人物がいた。

 

「あの~」

 

振り返ると40才前後の色っぽい女性が立っている。女性はそばにある造花の茎をいじりながら

 

「こういうので~もうちょっと太くてしなる棒が欲しいんだけど」

 

と言った。私は考えた(細くてしなる棒)

 

 

 

「ひごでしょうか?」

 

 

 

「紐じゃなくて棒なの~」

 

「いえ、ひごです。竹製の」

 

「紐じゃなくて~このくらいかもうちょっと太くて長い棒~」

 

閃くものがあった私は、急いで園芸コーナーに行き支柱を持ってきた。

 

「う~ん、そいうんじゃなくて~もっとこう細くてしなるやつ~」

 

それから私は店中を駆け回り、ありとあらゆる棒をその女性にみせた

 

「いかがでしょう?」

 

「う~ん」

 

女性を納得させることはできなかった。

 

彼女が所望した”細いけど造花の茎よりは太くて長くてしなるやつ”がどんな棒なのか未だに気になって仕方がない・・が釣りではないのでブコメに変態的コメントを寄せようと鼻息荒くしている人には思いとどまって欲しい・・のだけれどなんの棒かわかる人いたら教えて下さい。

 ↓更新の励みになります↓

 

おじんスープ

日記

プールに行った。大量のお水がたぷたぷしている様が見たい。小一時間ほど眺めていたい。できることならたぷたぷの中を漂ってみたい。その欲求に抗うことができなかった。

 

プールには水がたくさんあった。日光が天井に反射してゆらゆら水の模様を作っている。

 

 

 

(まるで天国♡)

 

 

 

私は軽く準備運動をし水に入った。浮遊感と圧迫感でさっそく幸福に満たされる。周りを見回すと平日だというのに人が多い。若い女性の姿もあるがほとんどが60過ぎのおじさんおばさんに見えた。そこに全く違和感なく溶け込む私、とりあえず人の流れにそって歩いてみることにした。

 

 

 

 

館内のBGMは何故かaikoだった。

 

 

 

切ない乙女心を聞きながら水を漂うジジイババア。(あたしはパステル色のビート板で会いに行く スカートをひるがえすみたいに足は水をなで わがままな左足がこむら返りして あなたのやさしさに溺れてしまいたい~♪)なんて気分でゆっくり進む。

 

一応は右側通行と書いてあるがちょっと泳いでみたい人、歩きたい人、浮かびたい人が同じペースで進むことなど不可能で。・・結果、何となく前の人についていき、正面から人が来たらよけるという方式になっていた。

 

しかし、30分が過ぎても帰る人はおらずどんどん人が入って来る。水を見るつもりがどうしても視界におじさんが入りこんでくるようになった。前からもおじさん後ろからもおじさん。止まることはできない。

 

なんとかビート板にしがみつき、足をばたつかせていると。1人また2人とおじさんが追加されていく。もうおじさんだらけ、プールというよりおじんスープに入りにきた錯覚に陥る。

 

行きかう人をよけながら進んでいると、私の前を歩いていた若い女性がおじん海峡に突入するところだった。前方から4人ほどおじさんが歩いてきており、さらに女性の正面にはビート板でバタ足しながらクロールの息継ぎの練習をしているおじさんがそこそこのスピードで迫ってくる。

 

 

(危ないな。止まって待ってようか)

 

 

後ろの私が心配になるほど女性に残されたスペースは少なかった。しかし女性は止まらず、体をやや傾けおじん壁をすり抜けようと試みる。その時、ビート板で来たおじさんがぷはっと顔を上げ水しぶきが霧吹き状に女性の顔に噴射された。

 

「ぎゃ」っと声を上げそうになったが他人事、私は女性の様子を観察する。

 

女性は静かに海峡をやり過ごし、直後おじさんで構成された壁は崩壊、私は難を逃れた。一見なにも気にしてない風であった女性だったが、1度水に沈み身を清める。さらに、水から顔を出した直後我慢できなかったのか誰に聞こえるともない小さな声で

 

 

 

 

 

 

「地獄」と呟いた。

 

 

 

 

私は額のゴーグルを装着した。水泳帽はかぶっていたが、天国を地獄に変える力を持つおじさん達の力には脱帽である。

 ↓更新の励みになります↓

 

修学旅行

過去

修学旅行、それは砂糖をまぶしたグレープフルーツのように甘くほろ苦い思い出。少女漫画なら気になる男子と抜け出したり、誰かのいたずらで女湯と男湯を間違えて気になる男子と混浴なったり、男子の部屋に遊びに行ったら突然先生が入ってきて気になる男子と同じ布団に隠れることになったり・・

 

という展開になりがちだが私の修学旅行にそんなイベントは一切ない、悲惨なものだった。

 

中学時代はまだ部活に勉強に忙しく、進研〇ミのCMのごとく充実した学生生活を送っていたのだが、修学旅行ではそのはりきり具合が災いし汗だくで走り回ることになる。

 

目的地は東京だった。

 

花の都大東京も新幹線も初めての私は緊張した。よって体育館で行われた新幹線の乗降練習にもまじめに取り組んだ。

 

班は6人1組にならなければならなかった。

 

親しい友人が6人もいる子は少ない。自然、私の班は仲の良い友達2人と他のグループの3人とで構成されることになった。

 

私は班長をかってでた。

 

他の子にまとめられるより自分が仕切った方が楽だと思ったからだ。練習の甲斐あり新幹線には無事に乗れた。しかし東京駅で早くも窮地に陥る。友達と歩いていたら後ろにいたはずの3人がいなくなっていたのだ。

 

私は慌てた。

 

当時は携帯電話なんてものはなく、残りの3人と連絡をとる手段がなかったのだ。仲の良い友達2人に「ここで待ってて」とお願いし探しに行くことにした。来た道を戻ったり、別の道に曲がったりしても3人は見つからない。

 

同じ学校の生徒に尋ねても「知らない」の返事。

 

それどころか戻ってみれば、待っててと頼んだ場所にいるはずの2人まで消えてしまっているではないか。混乱した私は汗だくになりながら東京駅を駆け回る。

 

途中、保健体育の先生を見つけ班員がいなくなったことを説明したが面倒事に関わりたくなかったらしく「うーん」といいながら先生は行ってしまった。

 

もうどうしていいかわからない。

 

時間は刻々と過ぎて行く、次の目的地に1人で行ってしまった方がいいのかと駅のホームへ上ると

 

 

 

 

 

「あっ・・いた」

 

 

 

 

て言われた。

 

私以外のメンバー5人が集まっていたのだ。「よかったな、迷子が見つかって」そばにいた担任が言う。どうやら迷子を探していたはずの私が迷子扱いされていたらしい。

 

全員で電車に乗り込む。

 

みんな少し離れた場所で息をひそめるようにこちらの出方をうかがっていた。私は怒りを抑えてあとから来た3人に聞いた

 

「どこにいたの?」

 

「だってね~?歩くの早いんだもん」

 

応えになってない。私はさらに怒りを抑えて仲の良い2人に聞いた

 

「どうしてあそこで待っててくれなかったの?」

 

「カノちゃんの後についてったんだけど見失っちゃって・・」

 

 

 

 

 

 

はりきり過ぎが招いた悲劇 班長が迷子。修学旅行1日目、私は電車の中でさめざめと泣いた。

 ↓更新の励みになります↓